恐怖する脳

作家H.P. Lovecraftは1927年のエッセイで、「人類の最も古くて最も強い感情は恐怖であり、最も古くて最も強い種類の恐怖は未知への恐れである」と書いています。

Lovecraftが認識したこと、そして何十年にもわたる心理学的研究が裏付けてきたことは、人間の脳は不確実性に対して独自に脆弱であるということです。不確実性に耐えられないことがほとんどの不安障害の中心的な特徴であり、不確実性がパニック発作を助長する一種の「壊滅的な解釈」を引き起こすという証拠があります。一部の研究者は、未知への恐れは人間が経験する根本的な恐れであり、他のすべての恐れを引き起こすものであり、不確実な時期を乗り切る能力は健康で回復力のある精神の基本的な特徴であるとさえ主張しています。

NatureReviews Neuroscienceの2014年の研究1によると、不確実性は日常的な行動を支配する習慣的で自動的な精神的プロセスの多くを混乱させます。この混乱は脳内に葛藤を引き起こし、この葛藤は、否定的な経験や情報に対する過覚醒と大規模な感情的反応の両方の状態につながる可能性があります。言い換えれば、不確実性は心配のためのロケット燃料のように機能します。それは人々に彼らが見るところすべてに脅威を見るようにさせ、同時にそれらの脅威に反応して感情的に反応する可能性を高めます。

「不安は常に未来志向であるため、不確実性が不安の基礎を築きます」。人間の脳には、起こりうる最悪の事態をすべて想像する能力があるのです。そして、不確実性が高いほど、特にその不確実性が暗い仮説と結びついている場合、脳は最悪のシナリオを思い起こさせ、固執する可能性が高くなります。

脳のことの最新記事8件